グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

小学校受験対策もできる広尾の幼児教室の特徴

小学校受験では、それぞれの学校が独自の基準で子どもを選抜するため、出題される領域がさまざまあり、どのように取り組んだらよいのか悩んでしまう親が多いのではないでしょうか。

小学校受験の考査で求められるのは、実は読解力ではなく聞く力、知識ではなく知恵です。発問はすべて口頭、もしくは録音再生で行われるので聞く力が必要で、問題はユニークなものが多いのでそれに対応できる知恵が必要だからです。このような小学校受験に必要な聞く力や知恵を育むことができる幼児教室が広尾にあります。広尾の幼児教室は、聞く力と知恵に加えて初めての場所や初めての先生、初めての友達の中でやり抜く力も育むことができます。

具体的に広尾の幼児教室ではどのような対策を行っているかというと、ペーパー対策やノンペーパー対策、行動観察や体操などです。その他に親子で行う面接対策も行っています。ペーパー対策では、易しいが速度を求められる数操作・図形構成、根気よく見比べる力が必要な同図形発見・絵パズル、日常体験による知識を問われる問題の3つに分けて対策を行っています。

ノンペーパー対策では、積み木やパズルなどの具体物を使用して空間認識能力や数学的思考力などを育みます。行動観察ではゲームや競争などを通して、きちんとルールを守れるかなどの指導を行います。体操では身体能力のほかに、指示をしっかり守れるか、取り組む姿勢などの運動面以外のことも重視されるので、それらのことを身につけることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *