グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

赤ちゃんの夜泣きと対処法

赤ちゃんが夜泣きをして困っているというケースはよくあります。

その子の個性ですが、あまりに毎日続くとママやその他の家族も睡眠不足に悩まされるでしょう。夜泣きと言っても、急に始まる夜泣きの場合には特徴があります。特に1歳になるかどうか位の場合には歯が生え始めて口の中に違和感を持って泣くという事もよくあります。一時的に収まる事が多いでしょう。また赤ちゃんは泣く事で不快を訴える事しか出来ません。

不快と言えば、お腹が空いた、寒いまたは暑い、排泄状況でのおむつが不快、寂しいといった様なケースが考えられます。もし泣き止まないという事であれば、おむつの様子を見たり、母乳やミルクの感覚を考えたり、寒くないか暑くないかの部屋の温度を確認したりします。特に大人と赤ちゃんでは体感温度に差が出やすく、子供は室内では薄着にしておく方が快適だったりするケースもあります。着せすぎでないかも心地良く寝無るポイントでもあります。

この他母乳においてもミルクほどどれだけ飲んでいるかが確認できないこともあり、意外と飲んでいないという事もあります。夜だけミルクに切り替えてお腹がいっぱいになった状態で寝かせてあげるという事もママにとっても赤ちゃんにとっても寝不足にならない方法であれば試してみても良いかもしれません。夜泣きは辛いですが、抱っこして寝てくれるのであればソファなどで座ってあやして一緒に寝るという事も一時的な事なのでママにとって負担にならない方法で寝かせてあげると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *