グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

赤ちゃんの夜泣き対策方法

赤ちゃんを育てたことのある人なら、必ず通る道が夜泣きでしょう。

眠い目をこすりながら寝付くまであやす作業は、育児に四苦八苦する身には酷くこたえるものです。しかし、個人差はありますが、一般的に夜泣きのピークは生後3か月から1年半とされており、それ以降は、だんだん収まっていくとされています。赤ちゃんの夜泣きの原因は、不安感や興奮、睡眠サイクルの乱れ、刺激、ストレスなど、たくさんの理由が挙げられます。泣き止ませるためには、何が原因となっているのか、しっかりと把握することが大切です。

赤ちゃんが夜泣きをして、まず一番に行うのは、ミルクが欲しいのか、おむつが濡れていないのか確かめることですが、それが原因でない場合は、すぐに抱っこせず、2分から3分、放置してみるのも手です。しばらく泣かせたままにしておくと、そのまま眠ってしまう事もあります。次に、音で気をそらせるという方法があります。ビニール袋をカサカサする音は、お腹の中にいた時の音に似ているため、安心感を与えるとされています。

胎教で聴いていた音楽なども、効果があります。また、外気にあてて、気分転換をする方法もあります。近所をぐるっと散歩すると、ママの気分も変えられるかもしれません。どんなに激しい夜泣きも、時が経つと自然に解消されるものです。あまり神経質にならず、余裕をもって対応することが、赤ちゃんにとってもママにとっても、最善の対応策と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *