グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

赤ちゃんが夜泣きする原因と対策

真夜中に突然赤ちゃんの夜泣きが始まり、あやしたりだっこしたりしてもなかなかおさまらないといった経験のあるお母さん方は多いことでしょう。

では、赤ちゃんが夜泣きをすることにはいったいどんな原因があるのでしょうか。考えられる原因は幾つかあります。その一つは、大事な睡眠のサイクルが乱れていることにあります。例えば、日中お昼寝をし過ぎたり、逆にお昼寝をしそこなったりすることがあるでしょう。こうしたことによって、大事な睡眠のサイクルは乱れてしまいます。その場合に講じるべき良い対策は、生活リズムをきちんと整えてあげることでしょう。

そうするための一つの方法は、毎朝同じ時間に起きるようにさせ、同じ時間に寝るようにさせることです。いったん、この生活リズムが身についてしまえば、規則正しい生活をするのが楽になるでしょう。また赤ちゃんが夜泣きする別の原因として、受ける刺激やストレスが挙げられています。静かに寝ている時間に、大きな物音がしたり、不必要な光が入って明るくなったりすると、赤ちゃんは無意識のうちに刺激やストレスを感じるものです。

そうした刺激や須知レスが原因となって、夜中に目が覚め夜泣きが始まる場合があるのです。それで、その場合の対策としては、赤ちゃんが寝ている部屋を暗くし、大きな音を立てないよう注意することができるでしょう。夜泣きを止めるために、小さな音で心地よい音楽を流すことは効果的である場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *