グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

赤ちゃんが寝ない時の原因と対策

赤ちゃんがなかなか寝ない時の原因としては、実に多くの事柄が考えられます。

そして、その原因によって対策も異なってくるものです。赤ちゃんがなかなか寝ない原因として、授乳したあとにげっぷが出なくて胸が苦しいということが考えられます。この場合の対策として効果があるのは、何といってもげっぷを出させてあげることでしょう。その際に気をつけたいのは横にした姿勢ではなく、頭を少し高くした姿勢で抱いてあげることです。赤ちゃんの胃は大人の胃とは異なり、縦になっているからです。

姿勢に注意して、げっぷを出せるよう助けてあげましょう。別の原因は、おなかがすいているということです。一度の哺乳量がそれほど多くないので仕方ないことです。根気よく何回も授乳してあげましょう。赤ちゃんが寝ない別の原因は、排便ができずおなかが苦しいということです。この場合の効果的な対策は、おなかを軽くマッサージしてあげたり軽い運動をさせてあげるということです。

こうしたやさしい刺激によって、便秘が解消され眠りやすくなることでしょう。ほかにも気温が大きく関係しています。基本的に言って、まだ体温調節を上手に行うことができません。そのため、扱ったり寒かったりすると、寝苦しくなり眠れなくなることがあります。そこで、布団や着るもの、または空調を上手に使って心地よい温度に保つよう心がけることができます。その際に、強すぎる冷房や暖房にはくれぐれも注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *