グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

赤ちゃん、何故寝ないの。

赤ちゃんが思ったよりも寝ないので常に目を離すことが出来ない、夜遅くに泣かれて困るなどして疲れてしまっているお母さんも多いと言えます。

4ヶ月から5ヶ月の赤ちゃんにはすぐ寝てくれる子もいれば、まったく寝てくれない子もいます。寝ない原因の一つ目はミルクの量が足りないこと。日々成長中の赤ちゃんですので飲む量を少しずつ増えています。大人でもお腹が空いていればなかなか眠れないものですから、ミルクの量を増やすことも大切です。二つ目は体調が悪い場合です。あせもや痒みなどは肌が敏感な赤ちゃんには眠りが浅くなる原因と言えます。

三つ目はゲップをちゃんとさせていない場合です。ゲップをさせないままだと胸が苦しくなって眠れないことが多くなります。四つ目は暑かったり、寒い場合も原因になります。体温調節が上手にできないので部屋の環境を整えることが大切になってきます。五つ目は寂しさ、不安を感じている場合です。不安そうな表情をしていたなら抱っこしたり、声をかけたりして寂しさや不安を取り除いてあげることが大切です。出来るだけ添い寝をして背中をトントンしてあげると安心感に包まれるので普段寝ない子でも眠りやすいです。

オルゴールをかけたりしてあげるのも睡眠効果が増します。日中はたっぷり遊んであげることで体力を使わせることも大切です。疲れていればすぐに寝てしまいます。夜、起きないようにするためには15時以降のお昼寝タイムは作らないようにする事もポイントです。新米のお母さんの場合は一人で抱え込むことが多いですが、周りの人に協力してもらったり、たまには友達やママ友に相談や愚痴を聞いてもらうようにしてストレスを溜めないようにしましょう。
広尾の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *