グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育の種類とメリット

1歳から小学校に入学する前までの時期を幼児期と言い、この幼児期に受ける教育のことを幼児教育と言います。

幼児教育には主に3つの種類があります。知能や社会性を身に付ける知育教育と幼稚園や小学校の受験のための受験教育、そして身体を動かす運動教育です。低年齢の際の知育教育では五感を活用し考える力と記憶力を育みます。パズルや積み木の他、絵本の読み聞かせなども行われています。3から4歳になると積み木の数を増やして立体的な図形を組み立てたり、算数の土台となるパターンブロックを使ったレッスンが行われます。

ちなみに小学校入学前の知育教育と受験教育は取り扱われている内容が似ており、平仮名や片仮名の読み書きや読解などをして文章を読み取る力を鍛えていきます。また受験教育では入試対策のための面接の練習や時間内で解答するトレーニングもします。一方運動教育は身体も脳も鍛える効果があることから、幼児期の発達に役立つとされ注目されています。

水泳や体操、ダンス、リトミックなどが人気の種目であり、バランス感覚やリズム感も養えます。これらの幼児教育を子どもに受けさせるメリットは、脳が完成してしまう6歳までの期間にしっかり脳を鍛え発達させられると言う点です。特に幼児期は右脳が優位に働く時期であるため、右脳が司っている空間把握力や芸術性、瞬間的な記憶力はこの時期にしか鍛えることが出来ません。また幼児期にグループレッスンを受けておけば、同年代の子どもとの触れ合いで適切な人間関係が築けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *