グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

語学の幼児教育の必要性

幼児教育で、英語を学ばせようとするケースは多いようです。

子供は耳が良く、LとRも難なく聞き分けられますし、発音することもできます。意識的に違いをわかろうとしなくても、ごく自然に身についているわけですから、その能力たるや、すごいものです。ただ、幼児教育で英語を学ばせてバイリンガルになるかというと、それはまた別の話となります。バイリンガルにするためには、インターナショナルスクールに通わせるか、外国で暮らして現地の学校に通わせるくらいしないと無理です。

日常生活において、日本で英語を話す必要性がまったくないからです。幼児教育で英語を学ばせるメリットは、英語に親近感を持つという程度だと思っておいたほうがいいでしょう。外国で暮らしたり、インターナショナルスクールに通ったりすると、子供はたしかに外国語をすぐ憶えますが、帰国するなどして外国語を使う機会がなくなると、あっという間に忘れます。

しかも、母国語である日本語が中途半端になってしまっているため、勉強面で高い能力を要求される場合に苦労します。日常会話なら、またすぐ憶えますし、力もつきやすいので心配はいりませんが。日本に住んでいて、幼児のうちから英語を学ばせるメリットは、さほどないとも言えます。地方の子どもがテレビなどを通じて、標準語を自然に完璧に憶えるのとはわけが違います。英語と日本語は構造がまったく違うからです。両方とも完璧にというのは無理で、どちらも中途半端になってしまう可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *