グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育の必要性

「三つ子の魂、百まで」という古い格言にも示されるとおり、三歳までの幼少の時期というのは脳の発達において、大変重要であると言うことは科学でも証明されています。

つまり、その時期に覚えた事柄は成長しても忘れることはなく、覚えれば覚えるほど身につくようになっているのです。幼児教育が大切だというのは、一人一人の子供の将来を考えた時に、脳の発達が目覚しい時に何もしないで育てるよりも、無限の可能性にかけられる子供を一人でも増やしたいという理念から成り立っています。幼児教育は音楽や、芸術などにも当てはまります。

また、日本語を話すように英語などの外国語を話せるようになるのも、幼児の時期ならではです。大きくなってくると「勉強」というものが、親たちの押し付けとしか思えず、嫌いになってしまう子供もいます。しかし、幼児教育においては、「勉強」も遊びの一環のように捉え、子供たちは貪欲に吸収し、才能を伸ばしていきます。

中には、伸びない子もいます。それはその子の個性であり、能力が衰えているからではありません。たまたま、その分野で芽が出なかっただけで、その子供にとっては他の才能が隠れているのです。親たちが、その子の隠れた才能を探し、伸ばすことは大変難しいことです。本人でさえ、自分の得意分野が何か、大人になってもわかる人は本当に少ないでしょう。幼児教育というのは、子供の感性を豊かにし、才能を開花させるためにも重要なことなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *