グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育はデメリットもあります

教育にはさまざま年齢の段階があり、幼児教育や小学校中学校などの児童や生徒への教育など成長段階につれて教えることも硬度なものになっていきます。

脳への刺激を行なう年齢は若ければ若いほど脳の働きに影響を与えるといわれ、幼児教育は脳の活性化を手助けするためにも有効な手段になります。脳には右脳と左脳があり左脳は言語や分析など論理的な思考を行い右脳は芸術や空間認識などの直感的な思考を行なっています。脳を鍛えるにしても適切な時期があり、右脳は0歳から3歳までに優位に働き、反対に左脳は3歳以降に優位になるため、右脳が発達する若い時期の幼児教育は右脳教育を適切に行なう必要があります。

このように幼児教育を行なうことは脳の発達を手助けするためにも有効な手段でありますが、幼い時期からの教育による弊害もあるためメリットだけでなくデメリットも存在します。パターン化された教育による自主性の抑圧やパターン化された教育であるが故に思考力のアップに繋がらないこと、人間性の欠如などさまざまなデメリットが存在します。

そのためこのようなデメリットを発生させないためにも子供の発育段階に合わせた教育や母親同士の競争にならないようにすること、子供の自主性を尊重し自発的に行動することや友達などと集団で遊ぶことなどをさせることもとても大切なことになります。幼児教育を受ける者は子供であるため、子供が嫌がったりするのであればやらせないことが子供のためでもあります。
広尾の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *