グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育の必要性について

人間の幼児期は、心身ともに一番様々なことを吸収する時期です。

この時期に経験し、身に着け、吸収したものによってその後の人格形成に大きな影響が出ると言っても過言ではありません。幼児教育は、情緒の発達、運動能力の発達、言語の波立、知的な発達、社会性などを経験を通して身に着け発展させていくことで、よりよく生きるための基礎を作る大切な時期なのです。それにはまず、家庭での家族との触れ合いが大切です。

赤ちゃんの頃からしっかりと触れ合うことで安心感と信頼感が生まれることで、外の世界へ安心して出ていくことが出来るのです。そして外の世界での遊びの中から社会のルールを学んでいきます。経験をさせることが様々な能力を発掘し、伸ばしていくことにつながります。小学校からは本格的な学習や運動を集団で行います。それまでに、潜在能力を引き出す力をつけることで、その後の能力の伸びに差が出ます。学習においての好奇心や探求心があることで、学校で習う勉強においての理解力がスムーズに伸びることになります。

幼児教育において知ること、体を動かすこと、ルールを守ること、人との触れ合い、こういったものが楽しいということを身をもって経験していることで、もっと知りたい、もっと理解したい、もっと運動をしたいという欲求が生まれ、何においても意欲的に進めることが出来るようになるのです。幼児教育には様々な種類があります。その子に合ったもの、また伸ばしてあげたいもの、引き出してあげたいものを選択してその環境をつくることは親としての責任と愛情の表れなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *