グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育は人間形成につながります

三つ子の魂100まで、という言葉があります。

三歳という幼少期までに備わった性格は、死ぬまで変わらないという意味です。それほど幼児教育は重要ですし、その人の一生に関わるものです。性格はまわりの環境によっても影響がありますが、なんといっても幼児教育が影響してきます。親御さんにとっては、たいへん気になるところですね。では、どんな教育を受けさせたら良いのでしょうか。またそれを受けなかったらどうなるのでしょうか。

最近では特に情操教育へ力を入れる人たちが多くなっています。たとえばピアノやバイオリンといった音楽性を身に付け、感受性を高めていこうというものです。両親が音楽の先生であったり、シンガーソングライターであったりする場合、このような教育を受けるような環境を整えています。ただそればかりではありません。幼いときからスポーツの選手を目指すために、スポーツ専門の指導員を付け、幼児教育としている家庭もあります。各々の家庭の事情がありますので、十分に考えた上で教育の内容を決めていきましょう。

しかし、この幼児教育をまったく受けなかったからと言って、大きな問題になることは少ないでしょう。それは、子供は親の背中を見て育つからです。一番身近な存在である親は、子供達にとって非常に大きな存在です。親がいなければ、すくすくと問題なく育っていくことは難しくなるでしょう。親がいつも子供の味方である、ということを実感させることができれば、子供は安心して成長することができるのです。あまりに幼児教育にとらわれすぎないで、目の間の子供を見つめていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *