グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育は年齢に応じた方法で行おう

親であれば、誰でも我が子に良い教育を施してやりたいと願うものですが、幼児教育には年齢に応じた適切な方法があります。

子どもの成長段階を無視した教育はむしろ逆効果であり、みすみす自信を失わせる結果になりかねないので気をつけましょう。周囲の物事を冷静に把握し始めてきたら、まず幼児用のおもちゃ等で手足を使わせるトレーニングが効果的です。しばらくの間はやって良いことと悪いことを根気強く教えることになりますが、何よりもきちんと愛しているという意思表示が求められる時期だから、叱った後にちゃんとフォローする姿勢が欠かせません。

さて、本格的な幼児教育といえば、子ども向けの学習塾や、英語などの専門的な分野へ興味を持たせるスクールが有名ですが、それらは補助的なものに過ぎず、コアとなるのは家庭であることを覚えておくべきです。受講することで一定の効果が期待できるものの、子どもにとって無条件で信頼できて、最も長く接しているのは親であるため、他人任せで結果だけ求めるのは悪手になってしまいます。

幼児教育の根幹は、家庭にいる親が安心して過ごせる環境を作ってやり、その中で一緒に体験して褒めてやることです。自分がやっていることを褒められれば、どんな子どもも自信を持ちますし、失敗しても変わらずに見守ってくれるのであれば自分から積極的に動ける人間に成長していきます。また、幼児教育では成長の早さの違いも考慮しなければならず、広い視野によって判断していくことも求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *