グローバルな子どもを育てる広尾の幼児教室

幼児教育とピアノレッスン

昨今、子供のまつわる教育がいろいろと取沙汰されていますが、幼児教育の中でもとくに子供の心をはぐくむ情操教育に関心が高いのが伺われます。

乳児のころからだと、リトミックなどが各地の自治体でも定期的に行われていたり、また三歳を過ぎたころから熱心な親だと、ピアノを習わせる家庭も少なくありません。数ある幼児教育の中でも音楽のピアノは大変人気があります。耳を育てる期間が四歳ごろから急速に伸び始めます。

音を聞き分ける能力、つまり絶対音感などを身に着けたい場合は、しかるべき年齢にその訓練を受けていないと、そういった能力は後に開花しないと言われています。また、耳から入った音は子供のリズム感を養い、ピアノのレッスンを受けていくうちに楽譜を読んだりする能力や、小学校に上がるころからだんだんと手先が器用になって、ピアノを演奏する能力も上達し、年齢が上がるにつれて、音を聞いてその音を楽譜におこしたりする作曲する能力も相乗効果で伸びていきます。そういったことから、将来子供を音楽の道へ進ませたい親が子供にピアノのレッスンを受けさせていたりします。

幼いころから音楽に触れさせて専門的な道に進ませようと思っている親も多いのですが、そうでなくても一般的に子供の心の教育に良いという理由でピアノやバイオリンなど音楽にまつわる教室に通わせる親も多いです。幼児教育は大切な子どもの心や脳が発達する時期に行われるものなので、親はその理由や目的にかなったよい教育を受けさせたいと願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *